有意義な調査を実施する興信所がおすすめ

探偵や興信所への相談は冷静に

探偵や興信所が行う調査は「感情にまかせて行うべきでは無い」が著者個人の考え方である。

何故?感情的な状況下で探偵に依頼してはいけないのか?疑問に考える方は多いことだろう。

理由は極めてシンプルで、「後で後悔し無駄な出費であった」と思うからである。

男女問題に関してご説明すれば、熱しやすく冷めやすい感情の変化が日常的に起こっている。

このような状況下で探偵や興信所の相談を利用し調査を検討しても、不安定な感情が迷いを生み有意義な調査にはなり得ない結末が殆どなのである。

御主人の浮気や奥様の浮気が発覚したからといって「即、浮気調査!」との発想はおすすめできないのである。

極めて通常と遠い感情下にある「激情とも言える」状況下での判断は危険であり、落ち着いて「信用できる第三者の意見」に耳を貸し「冷静さを取り戻す」べき努力を心がける事が重要である。

もし、我に返っても怒りが収まらない事案だった場合には初めて「探偵に電話で相談や問い合わせ」を行うことも選択として考えられる。

その場合「探偵の提案する調査方法が求める結果になるか?」充分に検討して調査を実施するか?判断して欲しいものである。

ここが感情的な状況での調査を有意義なモノにするか無意味なモノにするか分かれ道になる重要な場面と言えるのである。

調査員のイメージ

有意義な興信所の調査とは?

有意義な調査とは「御依頼者が求める結果が得られるか?」が最重要である。

探偵がもっともな提案をしたとしても「実施した調査により納得できる結果が得られるか?」は別問題であることを十分に理解した上で調査を実施することが望ましいカタチと言えるのである。

トラブルが起きた後の対処を間違えると今までの家庭環境は崩壊する可能性があるので軽率に感情的な調査は優秀で経験値の高い探偵や興信所であれば「おすすめすることは無い」と言える。

有意義で最も依頼人にとって良い結果を心がけたタイミングで調査を実施する事に意味があることを熟知していればこその判断なのである。

このように探偵が考える依頼人にとって有意義な調査は制約があり、タイミング外れな調査や感情にまかせた調査は充分な結果に繋がらない可能性が高く、本当に御依頼者にとって良い結果を考える探偵や興信所ならば自粛して調査実施を勧めることはないと言える。

探偵自身、御依頼者とのトラブルを自主的に想定し回避する立場である以上、無意味になる可能性が高い調査は実施するべきではない。

関連情報
探偵の素行調査をお考えなら

興信所のイメージ

↑ PAGE TOP